header_interview

icon_interview

工務部工事課 出雲 潤(いずも じゅん)

出雲 潤(いずも じゅん)

工務部工事課

2005年入社

仕事内容

主に学校やマンション・橋などのひび割れ補修や断面修復など、コンクリートの補修や補強工事を行っております。工事が始まる前の事前調査から、工事中の工程管理や材料検収、そして工事の写真撮影など職長業務の全般を行っております。補修や補強の工法も多岐にわたり、施工計画や作業手順・安全対策など作業所での周知徹底に努めております。

仕事のやりがい

顧客からの要望に沿った施工が出来て、高い評価を頂いたときには素直にやりがいを感じます。また、一つの現場を社内の仲間や協力会社の皆さんと一丸となって完成できたときには、達成感を味わえて感無量です。そして、自分の能力を十分に発揮できた日には晩酌も格別の味です。

心がけていること

まずは「安全は全てに優先する」を徹底し、安全第一に努めております。そして作業手順を遵守して確かな施工が出来るようにしていることや、仕事を迅速かつ丁寧に行うこと、また、いかに効率よく仕事ができ求められている品質で完成できるかイメージを絶やさず仕事に臨んでおります。

魅力は

工事の着手前に、施工方法を検討するミーティングを行い、社員同士が意見を出し合い創意工夫が出来るところです。結果、知識や技術の向上につながり、社員間のコミュニケーションもとれて、大いに役立っています。今まで培ってきた技術や経験を更に深めると共に、新しい技術を積極的に取り入れ活用して行こうとする会社の姿勢は、日々学びの場となり、自身の成長につながっていると思っています。

今後の目標は

現在は、実際の現場で補強工事などの作業や他の作業員を取りまとめる「職長」を任されておりますが、将来は「施工管理技士」として現場全体を統括し、工程管理や安全管理、そして品質管理などの更に質の高い仕事へチャレンジしていきたいと思っています。

スタッフインタビューリスト
ページTOPへ